PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戦国乙女上映イベント「劇場乙女」 簡易レポート

皆さん、「戦国乙女~桃色パラドックス~」というアニメを御存じでしょうか?

[Amazon] 戦国乙女~桃色パラドックス~七 [Blu-ray]
戦国乙女~桃色パラドックス~七 [Blu-ray]



今年の春に放送されたアニメです、wikipediaによると
「ジャンル:歴史美少女ファンタジー」だとか。

現代の女子中学生日出乃(通称「ヒデヨシ」)が偶然女性しかいない戦国時代(に似た世界)に飛ばされ、そこで天下統一を目指す女武将織田ノブナガと出会い…という、一見イロモノ女子戦国アニメにしか見えない作品ですが、こーれが史実をうまく取り込んだ名作なんですよー☆

今回の記事は作品レビューが目的ではないので紹介は省略しますね。
1話はニコ動で無料で見られるので、興味のある方はぜひ♪
(1話の時点ではそこまで面白そうじゃなげふんげふん)






さて、なんでこんなことを言い出したのかといいますと、先週の金曜日に

戦国乙女全13話一気見イベント「劇場乙女」

というものに行ってきたのです!
トークイベント含め23時から30時までの7時間乙女尽くし、大満足でした~。





明智ミツヒデ役喜多村英梨さん、徳川イエヤス役明坂聡美さん、
今川ヨシモト役持月玲依さん、マサムネ役平田裕香さん、
そして岡本監督のトークイベントがありました♪
$イメージしろ、なのです>ω<
左から持月さん、明坂さん、平田さん、喜多村さん。
画像は平田さんのブログからお借りしました^^



序盤の、ヒデヨシちゃん役日高里菜ちゃんについての話が面白かったですー。

キタエリ「あぁ、私の愛人ですねw」
岡村監督「お父さんの年齢を聞いたら私の年とあまり変わらなくてショックだったけど、娘みたいな気分で指導してた」



キタエリと日高ちゃんは収録中もずっと一緒だったらしいです。
日高さんがキタエリを慕っている・・・というかキタエリさんラブ!みたいです^^


収録は夕方からだったのですが、現役学生の日高さんは学校や他収録現場のテンションを引きずりがちだったので、岡本監督が収録内容に合わせたテンションに持っていけるように声かけをしていたらしいです。

ヒデヨシちゃんが熱を出す8話「微熱乙女」の収録中は日高さんが元気すぎたので「そんなシーンじゃない!」みたいなことを言ったとかなんとか。
実は本人もその時風邪をひいていて、空元気だったらしいのですが(笑)
(キャラからうつっちゃったのかな~なんて皆さん笑ってました)






声優さんたちの中で一番印象に残ったのはマサムネ役平田さんですね。
(右 平田さん 左 日高ちゃん)
$イメージしろ、なのです>ω<
画像は平田さんのブログから


のっけからの「みんな~、元気~?♪♪♪」という
教育番組司会のお姉さん風挨拶でもう心を射抜かれました。


その場の流れでそれぞれが高笑いを披露することになったのですが、
平田さんだけがその場でスックと立ち上がり、
気合の入った「オーッホッホッホ!」を見せてくれました。

グラビアやっていただけあって、身体がシュッとしていて脚長くてすごかったです。
ていうか顔ちいさっ!!!!

視られる側の人はやっぱり違いますね~。
立ち上がった瞬間にその場の空気が変わりましたもの。

舞台にも挑戦しているということなので、どんどん活躍していってほしいと思っています。


あ、平田さん的マサムネの見所は、「OPでマサムネの髪がブワァってなるところ」らしいです。
自分の演技したところじゃないんだ!?笑

平田さんのそんなコメントがあったので、13回続くOP映像も「あぁ、ここが平田さんの言っていた・・・」と飽きずに視られました、平田さんに感謝ですw







そしてそして最後に、私の大好きなもっちーについて語らせてください!

$イメージしろ、なのです>ω<
画像はもっちーブログから

もっちーはヨシモトカラーの緑色のお洋服をお召しになっていて、
髪は編みこみで、超絶可愛かったです(*>∀<*)


私は前列3列目(最前は関係者席だから実質2列目?)に座っていたんですけど、場所がほぼもっちーの真ん前で、登場した瞬間にはテンションあがってしょうがなかったです~。

もっちーが席についた時、用意していた緑色に光るブレス(正式名称不明)を
振り振りしながら歓声をおくりました。気付いてもらえてたら嬉しいですv




トークの方は・・・もっちー頑張って!という感じでした笑
マイクを口元に持っていってはいるのですが、キタエリ中心に進むマシンガントークに
なかなか入れず、結果として「もっちー起きてるー?笑」といじられちゃっていました。

基本のんびり屋さんみたいで、「はい、そうなんです~」って
のんびり可愛い喋りをされる方なんですよね。

質問に対するちょっとズレた答えも可愛らしかったです、観客席からも笑いが起こりました。
ご本人はトークに必死で気付いていないんだろうなぁ・・・それがまた可愛い。
(↑すっかりファン目線)



一番面白かったのは、他の出演者に「決め台詞ができたんだよね~」とふられても「そうなんです!」みたいなことを言って流しかけたところです笑
観客全員が心の中で「もっちー!そこは食いつかなくちゃ!」と突っ込んだであろう・・・^^


見かねたファンが「その決め台詞ってなーにー?」と助け舟を出し、無事『美しすぎてごめんあそばせ!(←決め台詞)』を披露することが出来ました。


\美しすぎてごめんあそばせ!/
$イメージしろ、なのです>ω<
画像はこちらから




トークの〆がなかなかうまいこといかずアワアワしていた時も

見かねたファン「『世界で一番可愛いのは?』」
もっちー「『私です!』」

(ラジオネタ)

とコール&レスポンス、綺麗に〆ることが出来ました。
もっちー単独でトークイベントやることになったら、コール&レスポンス必至ですね、きっと^^*









アニメ本編は当然のことながら文句無しの出来栄えでした。
大画面で見るお館様のおっぱいはすごかったですよ、大迫力。
(色んな意味で)

10話の本能寺の変回「心中乙女」は何回見ても号泣です(´;ω;`)




以下、劇場乙女関連ブログです♪

『戦国乙女~桃色パラドックス~』上映&トークイベント『劇場乙女』レポートまとめ:さむわんわんわん
nobuの秘密の部屋 『劇場乙女』に参加しました


関連記事

| イベントレポート | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

1. こんにちは!


コメント有難うございました(●^o^●)
毎度ながらお返事遅くて申し訳ないです;;

極太ウインナーにご反応嬉しいですね~~ニヤリ/////
やはり目がイキますかなwwww友人たちの視線も極太さんに釘付けでいたからね・・・皆さんお好きだなぁwwwww
肌寒い季節になりましたので、どんな中身であれ(笑)お鍋は良いですね!!!

戦国乙女は少し見てました~!
4話・・・くらい・・・?ヒデヨシちゃんが健気で頑張り屋さんで見てて微笑ましかったですね、村?のお手伝いをするシーンが結構好きで、可愛い可愛い、いい子だなぁ!!!と褒め千切ってましたよwww
ちゃんと史実に乗っ取ってるんですか?
Rioみたいにパチスロ枠アニメだと思ってコメディものだとばかり・・・ちゃんと最後まで見れば良かった・・・・

| 半魚人 | 2011/10/22 04:15 | URL | ≫ EDIT

2. Re:こんにちは!


>半魚人さん
村のお手伝いは2話ですね☆
言葉だけじゃなくて実際に力を貸そうとするヒデヨシちゃんがほんといい子で!
印象深いシーンです。

史実結構しっかりしてますよ、ちょっと歴史知ってる人ならピンとくるネタがいくつか。
特に10話の本能寺の変回が凄かったです。
中国大返しと「敵は本能寺にあり」の新解釈には鳥肌たちました!

| とら子 | 2011/10/22 14:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://torakono.blog79.fc2.com/tb.php/30-2326fe70

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。