PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しょた!女装男子!女体化! 好きなもの買ったらこうなりました購入記録

今日の2時ぐらいに一度アップしたのですが
>この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が
>含まれている可能性があるため、アクセスすることができません。

となってしまったので急遽手直ししました。
アウトかなーという画像を消したり表現を抑えたり…これでOKかな?







2週間ぶりに秋葉原に行きました。
お給料入ったから~♪と調子にのってポンポン購入、家に帰って確認してみたら・・・


「あれ、しょた本2冊も買ってたっけ?」
「おおおお女体化と女装男子も買ってる!!!私gj!!!」



と、自分のチョイスに感動するという謎事態に。
アキバにいると冷静な判断ができなくなりますね、毎回家に帰ってきてからびっくりする^^;



今回はタイトル通り、購入品の中からしょたやら女装男子ものを選んで感想を書きたいと思います。



まずは1冊目、内々けやき先生作「しょたせん」1巻。

[Amazon] しょたせん(1) (シリウスコミックス)
しょたせん(1) (シリウスコミックス)


裏表紙の紹介文はこのように。
『見境なく暴れまくり"狂犬"と渾名される不良少年・西尾。荒んだ彼の心を唯一開かせた教師は…美少年(シxタ)だった!! 幅広いファン層を持つ「シxタ漫画」というジャンルに、謎の金字塔を打ち立てるBHL(ボーイズハードラブ)コメディ!! 』



この漫画、なんといってもキャラが濃い!!!
主な登場人物は2人+1人の計3人。
1人目は「しょたせん」というあだ名を持つシxタっこ汐田先生、23歳とのことですがどう見ても小学生にしか見えません。(ふるまいも)
2人目は不良少年西尾くん。古き良き不良少年(+バイトして学費を自分で稼いでいるしっかり者)なのですが、しょたせんと関わったことによってナニかに目覚めかけてしまったかわいそう(?)な男の子です。


しょたせんは先生ということで西尾くんより立場が上なので、結構強引に色々やったり言ったりするのですが、2人の見た目は不良と可愛い小学生なので、「不良がいたいけな男の子に酷いことをしているー!?」と勘違いをする人が続出。


たとえばここ、西尾くんのズボンにつけてしまったクリームをしょたせんが強引に舐めとろうとするシーン。
※クリームを舐めているだけです


よく見れば分かると思うのですが、西尾くんはちゃんと「やめろよ!」って抵抗しているんですねー。いや、でも、これは勘違いされてもしょうがない・・・







遅くなりましたが、この左下にうつっている男が3人目の田亀原くん。
※薬を塗っているだけです

「俺はゲイだ、歯向かう奴はボコって犯す」というのはハッタリで、実はノンケな田亀原くん。
西尾くんとしょたせんのアレコレを目撃しちゃって「アイツはガチホモだやべぇぇぇ!!!」と震え上がるのですが、その勘違い具合が面白いのです。



たとえば西尾くんが熱射病になってしまったしょたせんを抱え上げ、トイレに一緒に入るシーン。田亀原くんはその隣の個室で声を聞いているのですが・・・


西尾「ここ(トイレ)は新品みたいだしゆっくり処置してやるよ・・・」

田亀原(やべぇ・・・何の話してんだ?ココはまだ新品!?どこが新しいんだ!?)

しょたせん「うう なんかボーっとしてあついよぉ」

田亀原(っ・・・!!今度は便所に美少年を連れ込んで・・・新品・・・未開発な肢体(カラダ)をゆっくり処置(ハメル)・・・だと!?)




勘違い田亀原くん可愛いよペロペロ。
他にもレディースやってる腐女子ちゃんというなかなかなキャラが出てくるのですが、その子についてはまた別の機会に。







2冊目はすえみつぢっか先生の「リバーシブル!」1巻。
「わぁい!」掲載漫画ということでだいたい察していただければと思いますw

[Amazon] リバーシブル!(1) (IDコミックス/わぁい!コミックス)
リバーシブル!(1) (IDコミックス/わぁい!コミックス) (IDコミックス わぁい!コミックス)


裏表紙
『生徒の半数が交代で"女装"する規則を持つ全寮制男子校、聖ストケシア学園。そこへ転校させられた少年・海棠愁は、学園で女装コーディネーターを担当する女装少年・八重崎ツバキと出会う。慣れない事に戸惑う愁であったが、ツバキの手ほどきを受け、少しずつ女装を覚えてく。そんな日々の中、愁は次第にツバキの事を・・・!?』


女装少年モノ好きで「女装少年アンソロジー」シリーズを集めてる私ですが、いやーこれはすごい、大当たりです!!!!!
慣れない女装にアワアワ、とか!!!
可愛い女の子(に見える男の子)に女装させられてドキドキしているときにパンツ脱がされ→股間見つめられて「もしかしてドキドキしてた?v」なんて聞かれちゃってぎゃあああああとか!!!

先生すごいわ・・・萌えポイントをガンガン突いてきます。


ちなみにパンツ脱がされシーンはこう続きます。
まぁ率直に言えば勃ってるところを見られたわけなのですが、この1コマ見るだけでこの漫画の倒錯具合が少しは伝わるかと…!

$イメージしろ、なのです>ω<



しょたせんの後に読んだからかもしれませんが(笑)、この漫画は絵がすっごく可愛いですー花の香りがしそう(*´ω`*)←
もちろん全員がきゃるるん系じゃなくて女装似合わない系男子がいるのもいい感じ。
女性が読んでもいい…というかむしろ個人的には男性より女性にお勧めしたいですw
【親友キャラ】の【眼鏡イケメン】な【女装男子】と聞いてグッときた方はぜひご購入を。






ここからは評論系同人誌です。
3冊目はメディアコンテンツ研究会さんの「SUB&MINOR 特集"女体化"~見ろ 人が女体のようだ!~」。

$イメージしろ、なのです>ω<
COMIC ZIN 通信販売/商品詳細 SUB & MINOR Vol.2





目次はこんな感じ。まださらりとしか読んでいませんが、かなり読み応えありそうです。
$イメージしろ、なのです>ω<





この中だと「俺の妖怪がこんなに可愛いわけがない―妖怪の女体化にみる<異形>の部位―」が一番興味深かったです。
$イメージしろ、なのです>ω<

 人間ならざる特徴が現れている箇所を、仮に<異形の部位>と名づけてみる。すなわち妖怪の美少女化イラストにおいて、本来美少女には存在しない箇所、妖怪の特徴を表す箇所は、「妖怪であることを保障する<異形の部位>」ということができるだろう。
 そうして先行する妖怪の造形から削られ、変更された箇所は「そのまま描いてしまうと美少女らしさがそこなわれ(萎え)てしまう<異形の部位>」といえるはずだ。
 こうした、妖怪としての描写の論理と美少女としての描写の論理が対立する部位にこそ、人間と妖怪の造形の違いが浮き彫りになってくるのではないだろうか。(P46,47)




前書きにこのように書いてあったのでワクワクしながら読み進めたのですが、まったく裏切られない素晴らしい読み物でした!
女体化タイプ一覧表とそこからの考察は一見の価値あり。
$イメージしろ、なのです>ω<








最後は秘本衆道会さんの「新装版 合本 日本のBL古典」
$イメージしろ、なのです>ω<
COMIC ZIN 通信販売/商品詳細 新装版 合本 日本のBL古典



同性愛がテーマの古典を面白おかしく現代語訳した同人誌です。
収録内容を書きますと、

『弘稚聖教秘伝』(平安時代・シxタコン僧侶の床入り指南書)
『稚児草紙』(鎌倉時代・イラスト付BL小説)
『好色訓蒙図彙』(江戸時代・エロ風俗の百科事典)
『痿陰隠逸伝』(江戸時代・平賀源内による男根原理主義エッセイ)
『いぬつれづれ』(江戸時代・男×男カップル向き恋愛エッセイ)
『若衆仕立様の事』(江戸時代・実践しょた調教指南)
『新小夜嵐』(江戸時代・性悪シxタコンが堕ちる地獄)
『男色山路露』(江戸時代・イラスト付BL小説集)
『あなをかし』(江戸時代・大人のための衆道ジョーク衆)
付録「ホモ和歌 in 勅撰和歌集」


てな感じでした。充実してますなー笑


訳を読んで「これはネタでしょwww」って笑った箇所も、原文を見ると本当にそう書いてあったり。日本恐るべしです。
本番前のほぐし方の説明がなかなか生々しくて衝撃的でしたドキドキ。
比較的安全なサンプルページはこんな感じ。
$イメージしろ、なのです>ω<

挿絵は・・・芸術だからセーフですね!(?)
イメージしろ、なのです>ω<









しょたにょた以外には漫画2冊と同人誌6冊購入ー。
これについてはまた今後書く・・・かも?笑


[Amazon] Angel Beats!The4コマ 2―僕らの戦線行進曲 (電撃コミックス EX 148-2)
Angel Beats!The4コマ 2―僕らの戦線行進曲 (電撃コミックス EX 148-2)

関連記事

| 書籍・同人誌 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://torakono.blog79.fc2.com/tb.php/33-8010f8a2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。