PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アイチとレン様。似ているようで違う2人の状況を考察してみる (ヴァンガード57話感想)

pa1328310809666.jpg
pa1328310871348.jpg


軽々しく「ヤンホモwww」とかネタにしててごめんなさいレン様。
いやーかなり重度でしたねー・・・(遠い目


「宿命の対決」というサブタイが打たれたこのエピソードでは、櫂くん個人の物語を進める上で避けられない相手、レン様とのファイトが始まりました。まさに宿命の対決。
以前は櫂くん視点での回想がありましたが(※49話感想)、今回はあの時の3人の様子がレン様視点で語られましたね。


レン少年としては3人でファイトしているのも十分楽しかった。
ただその3人の中の1人、櫂トシキはそれよりももっと上を目指していた。
そんな櫂のために、3人のために、みんなのために、強くなりたい。誰よりも強くなりたい。

「強くならなくちゃいけないんだ、僕は・・・!」




・・・あれれ、つい最近まで青髪のかわいこちゃんが似たようなことを言っていたような。

というわけで、今回はアイチきゅん&レン様の櫂くんとの関係における類似点・相違点を改めて考えてみたいと思いますよーながっ。







まずは類似点、似ている部分から確認したいと思います。


アイチの場合は、前々から櫂くんにずっと憧れていて、いつか強くなった自分を認めてもらいたい、そしてファイトしてもらいたい、という気持ちがありました。

レン様の場合は、というか今回本人が自分の口から言っていましたが、ずっと楽しくファイトしてきた仲間として、櫂のために強くなりたい、という気持ちがあったようです。


2人とも共通しているのが、櫂くんの存在が「ヴァンガードで強くなりたい」という気持ちの原動力になっていたということですね。
もちろん櫂くんだけをモチベーションにしていたと言うつもりはありませんが、33話で櫂くんにお言葉をもらって途端にやる気を出すアイチくんの姿なんかを見ていると、「櫂くん」の影響力はかなりのものなんじゃないかと。(※33話感想)
blog_import_4ef40ff8e0bd3.jpg





2人の似ている部分その2。それは、一度櫂くんに突き放されたことがあるということです。

「俺はまた同じ失敗を繰り返すのか・・・」でしたっけ、櫂くん自身も己の行動を振り返って言っていましたが、2人ともPSYクオリアを発現させた結果、ヴァンガードを頑張る原動力であったはずの櫂くん本人に距離をおかれてしまったんですよね。

「櫂くんに認めてもらえるぐらい強くなりたい/櫂のために強くなりたい」と願い、PSYクオリアを使うようになったというのに、その張本人にその力を否定されてされてしまうというのはなんとも皮肉なものです。









では2人は何が違うのか。
それは、「そもそもの櫂くんとの間柄」と、「突き放されて、その後どうなったか」というところです。


まず櫂くんの背中を追いかける側にいたアイチの場合。
直後は呆然としていましたが、そこをレン様につけ込まれて本格的に闇堕ちしました。

blog_import_4ef411134ecb6.jpg


そして"強くなりたい"という願いは叶って「僕は強いんだ!」状態になったわけですが、もともと持っていた「強くなった僕を認めてほしい、僕とファイトしてほしい」という気持ちは、櫂くんとファイトしないことには満たされません。


というわけで、PSYクオリア本格発現後も「認めてほしい、ファイトしてほしい」という想いはずっと同じように櫂くんに向けられたままだったわけです。


「PSYクオリアで強くなった僕を認めてもらいたい」というアイチに対して、櫂くんは「PSYクオリアの力じゃない、もともと持っている強さがあるだろう。俺はそれを知っている(ちゃんと認めている)」というスタンスでアイチの気持ちに答えました。


櫂くんに認められ、自分が持っていた力、ヴァンガード本来の楽しさを理解したアイチくん。
PSYクオリアに頼りきるのではなく、仲間と一緒に戦うんだ・・・そこまでが先週の流れでした。
櫂くんはアイチを引き戻せたわけですね。






一方レン様はというと。

アイチがずっと櫂くんの背中を追う立場&「櫂くんに認めてもらえるぐらい強くなりたい」という気持ちを持っていたのに対し、レン様はずっと櫂くんと対等にファイトしていた立場&「櫂のために強くなりたい」という気持ちでいました。

blog_import_4ef4113244b17.jpg


そもそもこの「櫂のために強くなりたい」という願いは、同じチームの一員として生まれたものです。つまり、一緒にチームを組んでいる時にのみ実現しうるものでした。逆に言うと、櫂くんがレン様の元を離れたその時からこの願いが実現することは無くなってしまったというわけです。



いつも側で楽しくファイトしてきた相手がいて、その人のために強くなりたいと願って。
だけどせっかく強くなったと思っても肝心のその相手は力に見向きもしてくれなくて、それどころか自分の前から姿を消したりなんかして。

レン様は行き場を失った願いを抱えて一体どんな気持ちでいたのか。
こう考えてみると、少し可哀想にも思えてきます。






単純に「僕は強くなりたいんだ!」なレン様だったらまだ救われていたかもしれませんね。
強さを求めてPSYクオリアの力に溺れるレン様を見ていられなくなった櫂くんがその側を離れたとしても、それは「目指すものが違った」として処理できるのですから。

なまじ「櫂のために強くならなくちゃいけないんだ!」というのがモチベーションだったために、捨てられた(※←レン様視点)ことに対する憎しみがとんでもないことになってしまったという。。。

tv1328310671859.jpg
pa1328310678836.jpg






今回のエピソードはジエンドにゃんが出たところで終わりました、次で決着ですね。
果たして来週櫂くんは「昔のお前を取り戻す」の言葉通り、レン様に勝って&正気にさせることができるのか・・・という問題ですが、個人的にはそれはできないような気がします。
(優勝決定戦が盛り上がらないから、とかそういうメタ目線は抜きにして)



さっきの話に戻りますが、アイチの場合は「強くなりたい」の裏に「櫂くんに認められたい」というのがあったわけですね。その「認められたい」という気持ちは、前述の様に別のアプローチから叶えられました。

ところがレン様の場合は事情が違って、そもそも「強くなりたい」の裏にあったのは「櫂のために」なんですよね・・・。さっきも書いた通り、この「櫂のために」は今の状態だとどうやっても叶うようには思えないので、アイチと同じようにはいかないだろうな、という予想です。





果たして2人の対決の結果は・・・?
来週がとっても楽しみです。


これにてジエンドにゃん☆


カードファイト!! ヴァンガード 【ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド】【RRR】 BT05-005-RRR 《双剣覚醒》
カードファイト!! ヴァンガード 【ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド】【RRR】 BT05-005-RRR 《双剣覚醒》
ブシロード
売り上げランキング : 1713


Amazonで詳しく見る
by G-Tools








これより前の感想は→ カテゴリー : ヴァンガード(感想) 
 or
下の関連記事で★


関連記事

| ヴァンガード(感想) | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://torakono.blog79.fc2.com/tb.php/89-8eb2679a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。